愛犬のオリジナルlineスタンプをスマホの写真から作れます。かわいい愛犬をオリジナルLINEスタンプにするには素敵な写真をとることが重要です。

動き回る愛犬の写真撮影には思った以上に苦労するものです。

ブログやインスタで目にする素敵な犬の写真を撮るには、高性能なカメラや写真センスが必要なのでは??

いいえ!!!

スマホだって、工夫次第で一眼レフの写真に負けない、良い写真を撮ることができます!!

いや、そもそもインスタの写真はスマホで撮影したものが多い筈です。 ということで今回は、スマホを使った愛犬を上手に撮影するコツについて紹介します!

愛犬の撮影テクニックについて

最近のスマートフォンのカメラは、ちょっとしたデジカメになら負けないくらいの高性能です。

もちろん、写真そのもののクオリティで比べるなら、一眼レフなどの本格的なカメラには勝てませんが….

気が付いたときにすぐ撮影できるからこそ、あなたにしか見せない愛犬の姿を写真に収めることができるのです。

まずは基本的な撮影テクニック紹介していきます。

撮影時の明るさを意識する

きれいな写真を撮るために、「明るさ」が重要です。

暗い所での撮影はブレやすく、愛犬の表情もイマイチになりがちです。

よく、カメラマンが反射板を使用しているのを見かけますね。 しかし、どんな照明やライトにも勝るのが「自然光」なんです。 愛犬の写真を撮るときは、晴れた日のお昼がおすすめです。 最初は窓のそばなど、自然光が当たる場所で撮影してみましょう。

写真の構図を意識する

愛犬をよりステキに撮影するには、写真の構図を工夫することが重要です。

もちろんあまり難しく考えなくて大丈夫です。

愛犬をどんな角度で撮るか、撮り方を意識するだけで全然違ってきます。

ワンちゃんの写真構図 ワンちゃんの写真構図 ワンちゃんの写真構図 ワンちゃんの写真構図

スマホと愛犬の目線を合わせる

写真を撮るときにやってしまいがちなのが、飼い主さんの目線でスマホでの撮影!!

これですと愛犬の全身が写真に納まってしまい、なんとなく素人感のある写真になってしまいます。

スマホの位置を、ワンちゃんの目線の高さに合わせてみましょう。

ワンちゃんの友達になった気分で撮影してみてください。 それだけで犬のしぐさや表情が、不思議と活き活きと撮影できます。

愛犬をカメラに慣れさせる

愛犬がスマホに警戒心を抱いている状態では、まず良い写真を撮ることはできません。

写真を撮る前に、とにかくスマホの存在に慣れてもらうことが重要です。

スマホを愛犬の目の前ちらつかせて、おやつをあげたりすることで段々と慣れてきます。 おやつのあげ過ぎには注意ですねw

基本的なしつけの重要性

愛犬の基本的なしつけ

お座り、フセ、マテ、などの基本的なしつけが出来ていると、写真撮影のバリエーションがかなり変わってきます。

愛情が一番大事

撮り方次第で写真は変ります!

テクニックだけでなく、愛犬の姿をよく知っている飼い主さんだからこそ知っている表情や仕草がある筈です。

そのタイミングを知っているのも飼い主さんです。

愛犬への愛情をたっぷりに撮影することで、素敵な写真が撮れるはずです✨

 

素敵な写真が撮れたらセリフを考えて愛犬写真をオリジナルLINEスタンプに

撮れた写真にあったセリフを考えて、オリジナルLINEスタンプにしてみましょう。

オリジナルLINEスタンプの制作・作成サービスのSTACLU~スタクラ~なら

8個1980円 16個3760円と業界で最安値なのに、高品質・最速納品です。

スタクラの愛犬オリジナルスタンプ制作の詳細はこちら